寺社で自己見つめ直す 「うたづ寺子屋」開校 児童、座禅や写仏を体験

「寺社で自己見つめ直す 「うたづ寺子屋」開校 児童、座禅や写仏を体験」_1
 子どもたちが寺社を舞台に地域の文化や歴史を学ぶ夏恒例の「うたづ寺子屋」(宇多津町教委主催)が28日、宇多津町で始まった。初日は南隆寺(大石光昭住職)で座禅や写仏を体験したり、住職の話に耳を傾けたりし、自分を見つめ直すことや感謝の心の大切さを身に付けた。

 寺子屋は2004年から毎年行っており、今年で14回目。宇多津、宇多津北の両小学校の4~6年生が対象で、毎年延べ200人前後が校区や学年を超えた交流を育んでいる。

 この日の開校式には28人が出席した。本堂で児童全員が般若心経を唱えた後、「坐禅堂」へ移動。せみ時雨だけが聞こえる中、背筋をしっかり伸ばし、心静かに約20分間を過ごした。堂から出てきた児童は「しんどかった」「足が痛い」と口にしながらも、それぞれ満足そうな表情。宇多津北小4年の三浦愛莉さん(10)は「大変だったけれど、少し集中力が高まったかも。とてもいい経験ができた」と笑顔で話した。

 続いて、本堂で写仏に挑戦。大石住職の指導に沿って、筆ペンで半紙やはがきにさまざまな表情やタッチのお地蔵さんを描き、「いつもありがとう」「大好きだよ」など親へのメッセージを添えて完成させた。

 今年のうたづ寺子屋は、7月と8月の下旬に計6日間、同寺を含め1社3カ寺で講話や座禅、まち歩きなどを行う。

引用:四国新聞記事より
 http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/article.aspx?id=20170729000218
   四国新聞記事画像より
 姿勢を正し、坐禅堂で心静かな時間を過ごす児童たち=宇多津町、南隆寺
 心を込めてお地蔵さんの絵を描く児童

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

お知らせ

  1. 2016宇多津 秋の大収穫祭(第14回 中讃秋のぴちぴちとれたて市同時開催)(11月5日~6日)
    ★イベントの…
  2. 夏まつり2016
    「子どもたちに夏休みさいごの思い出を」をコンセプトに、今年も8月最後の土日に行われる夏祭り。 …
  3. 宇多津町役場
    宇多津町は…

オススメ記事

  1. 2015-4-30

    日本は本末転倒しています!「本学」と「末学」

    人間としてど&#…

宇多津の会社・お店

  1. 料亭 公楽

    2012-7-2

    料亭 公楽 こうらく 懐石会席料理

    料亭 公楽/こうらく (宇多津/懐石・会席料理)の店舗情報は食べログでチェック!口コミや評価、写真な…
  2. 20130528勉強会集合写真

    2011-5-25

    IT有効活用で「顧客の創造」「集客」を支援します!

    おはようございます。今日は2011年5月25日(水)です。 3.11以降、ビジネス界でも大きな価値観…
ページ上部へ戻る